月刊空手道の巻頭特集に師範が登場/都筑区センター北の子供空手教室

先日、タイのバンコクでおこなわれた、WORLD GAMES(ワールド ゲームス)のファイティング柔術 日本代表として、師範が出場いたしました。この競技は、打撃、投げ極めを複合した競技です。

ワールドゲームズはオリンピックの二次団体といった感じで、オリンピック競技として認められてはいないが世界的に盛んに行われるスポーツの世界大会であり、ここから新しくオリンピックになる競技が採用されます。

師範は雑誌の中で、この競技について技術指導をしています。

月刊空手道 巻頭ページに師範が登場

月刊空手道 巻頭ページに師範が登場

DSC_0038

打撃、投げ、極めをレクチャー

打撃、投げ、極めをレクチャー

師範は、ワールドゲームズ世界大会の雰囲気の素晴らしさ、競技をとおして世界中の選手と知り合える素晴らしさを子供達に語りました。

また、この大会に選手を派遣していきたいようです。

 

昇段試験

空手教室の良い所は、わかりやすい目標がある事です。すなわち、昇段です。帯の色も、白、赤、オレンジ、青、、、茶、黒帯と変わっていきます。昇段試験に合格し、上の色の帯をはじめてつける子供達の表情はなんともいえません。

昇段試験10人組み手

昇段試験10人組み手

昇段試験では10人組み手をおこないます。すなわち、10人と戦い、最後は師範が激しく気持ちを鍛えます。周りの子供達からは、「頑張れ!」の声援が鳴り響きます。

昇段試験/センター北子供空手教室

昇段試験/センター北子供空手教室

小さいながら、気持ちの強いKN君が黄色に昇段!